加盟団体 要覧

一般財団法人 高度映像情報センター

団 体 名
(英 文 名)
一般財団法人 高度映像情報センター(AVCC)
Advanced Visual Communicatin Center
所 在 地 〒100-0013 千代田区霞が関3-2-1
【霞が関ナレッジスクエア】
〒100-0013 千代田区霞が関3-2-1霞が関コモンゲート西館 ショップ&レストラン3F
電話番号 TEL:(03)3239-1121(代表)
   (03)3288-1921(霞が関ナレッジスクエア直通)
FAX:(03)5157-9225
U R L 高度映像情報センターHP:https://www.avcc.or.jp
霞が関ナレッジスクエアHP : https://www.kk2.ne.jp
設 立 昭和41年6月15日 労働省認可
昭和49月7月23日 文部省認可 両省共管となる
平成25年4月1日 内閣総理大臣の認可を受け、一般財団法人へ移行
目 的 この法人は、通信ネットワーク・コンピューター・映像機器を利用した高度な映像情報メディア等(以下「高度映像情報メディア等」という。)の利用と提供についてのコンサルティングを行い、情報伝達手段の効果的な利活用により、国民の職業能力の向上と学習機会の提供を行うものとし、生涯学習の推進、文化・生活の向上、産業経済の発展に寄与することを目的とする。
事業内容
  1. 霞が関ナレッジスクエア事業 ・セミナーの開催及び電子映像配信 ・映像教材や番組の制作と普及及び電子映像配信 ・施設及び遠隔教育プラットフォームの貸与と運営 ・高度映像情報メディア等の利活用についての調査研究 ・産学官の連携、交流、協働の推進
  2. 高度映像情報メディア等の高度利用と提供を実現するための調査、企画設計、監理
  3. 情報セキュリティ、個人情報保護等に係る研修、助言、監査及び審査
  4. 高度映像情報メディア等の利活用によるシステム構築と運用の支援
  5. 高度映像情報メディア等の利活用による教材の制作
  6. 高度映像情報メディア等に関する海外技術協力などの国際協力
  7. その他、この法人の目的を達成するために必要な事業
役  員

【理事長】久保田了司
【常務理事】:久保田庸弘(*)

【理事】
清水康敬:東京工業大学名誉教授
永岡慶三:早稲田大学
伊東信一郎:ANAホールディングス(株)代表取締役会長
正殿博章:ニッセイ保険エージェンシー(株)前代表取締役社長
佐野元昭:(株)ケイ・アイ・エス情報科学研究所 代表取締役社長
伊庭野基明:グローバルキャリアカウンセラー ビジネスコーチ
馬場弘子:(株)サンカント サンク代表取締役社長
田中純一:(一社)ビル減災研究所代表理事、三井不動産ファシリティーズ(株)前代表取締役会長

【監事】
鈴木重文:弁護士

【評議員】 
米里文明:(株)インフィニトラベルインフォーメーション元代表取締役社長
稲葉 徹:センクシア(株)アドバイザー
大串夏身:昭和女子大学名誉教授
唐澤 誠:(株)唐澤誠建築音響設計事務所代表取締役
近藤孝夫:(株)同学社代表取締役
野田弘子:プロビティコンサルティング(株)代表

(*)は常勤、それ以外は非常勤(令和2年6月30日現在)

事務局 職員:30名
会員数 AVCC賛助会員  39団体

霞が関ナレッジスクエアメンバー
団体メンバー 29団体(企業・団体・NPO・大学)
WEB会員 14,580名
(以上、令和2年3月現在)
活動状況 ・民設民営の“デジタル公民館”霞が関ナレッジスクエアの企画・運営
1)AI社会を生きる力を考える 
2)個人のレジリエンスを学ぶ 
3)組織・地域を担うしごと力を学ぶ 
4)文化に親しみ交流する

・学びと交流スペースの提供
・帰宅困難者一時滞在施設
・いつでもどこでも誰でも学べるKK2学習サイトの運営  
・メールマガジン「メッセージ from KK2」の発行
  (毎週金曜日Web会員に発信)
・携帯電話RAシステムを利用した遠隔教育プラットフォームの研究・開発
・遠隔教育システムの技術協力、運営支援
・映像教材/eラーニング教材の企画開発
・地方公共団体の情報化計画の策定
・ネットワーク設計、システム設計及びコンサルティング
・防災行政無線のデジタル化、防災情報システムの設計及びコンサルティング
・消防無線のデジタル化、消防無線システムの設計及びコンサルティング
・情報セキュリティ/個人情報保護コンサルティング
・AVシステム設計及びコンサルティング